【なぜ?】境界性人格障害とアダルトチルドレンは似ている

境界性人格障害とアダルトチルドレン

(最終更新日:2020/03/02)

◆【なぜ?】境界性人格障害とアダルトチルドレンは似ている

境界性人格障害とアダルトチルドレン

 アダルトチルドレンというモノがありますが、これはもともとアルコール依存症の両親を持つ子供に共通的に散見される性格的特徴として、その自助グループによって定義されたものです。

(目次)

 境界性人格障害とアダルトチルドレンはかなり似ているのですが、アダルトチルドレンは米国精神医学会によるDSM(米国精神医学会による診断の手引き)によって正式に定義されたものではありません。

したがって、アダルトチルドレンは病名ではありません。

しかしながら、その特徴が境界性人格障害に酷似しているということで、これら二つの障害、症候群をどうとらえればいいかわからない人も少なくないでしょう。

 

結果的に言えば、境界性人格障害とアダルトチルドレンはほとんど同じものです。

 

◆なぜ両者は似ている?

 

 

それは、
ただ定義された組織が相違するだけだからです。

 

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160326151418p:plain
↑アダルトチルドレンの定義
(アダルトチルドレンはアルコール依存症を持つ子供のための自助グループによって定義されました。)

 また、
(境界性人格障害は米国の精神科医が1940~50年代の米国内で自我基盤が脆弱で、神経症にも統合失調症にも該当しない混沌を示す患者の一連群が存在するということに気づき、その時、医学的に定義したものです。)

◆定義した組織が異なるだけ

もっといえば、
自殺企図のような激しい行動化が見られるものが境界性人格障害。
それが見られないものをアダルトチルドレンであるとみることが可能だと思います。

繰り返しますが、
アダルトチルドレンはアルコール依存症の親を持つ子供の保護団体が提唱したものです。
対して境界性人格障害は米国精神医学会によって定義されたモノでもあります。

 

しかしながら、その根底にある空虚感、自己同一性の拡散のようなものを見ていけばこれら一連の障害はほとんど同じものであるといえます。

 

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160326151601p:plain
↑DSM–Ⅳ–TRによる境界性人格障害の診断基準

 

◆アダルトチルドレンを告白したビル・クリントン

 米国ではビルクリントン元大統領が自分はアダルトチルドレンであると
告白し世間を騒がせましたが、
彼の女性問題もアダルトチルドレン(AC)からきているとみて間違いないようです。
本人談によると空虚だからこそ女遊びに耽溺したと言っています。

空虚さには妻子がいることは、あまり関係はなかったそうです。

 

クリントンは自分の中に存在する空虚感を現実世界でうまく取り扱うことができず、
不倫という一時的な現実逃避で身をくらますしかなかったのでしょうか?

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160326151743j:plain
↑アダルトチルドレンであることを公表したクリントン元大統領(写真左AFP時事)

 しかし、境界性人格障害もアダルトチルドレンも根底にあるものは同じもの

このように境界性人格障害もアダルトチルドレンもその根底にあるものは同じものだということです。
そういう意味で、ある人にラベルや診断名を与えるのはあまり意味はないことです。


↑私のアダルトチルドレン(AC)についての解説です。境界性人格障害にも絡めてあります。

 

もう一度両者の微妙な定義をここに記すと、

—————————————————

■自殺企図のような激しい行動化を伴わないもの→アダルトチルドレン
■行動化を伴うモノ→境界性人格障害

—————————————————

ということができます。

 

ただしどちらにせよ、克服できるものですから
必要以上に絶望したり心配する必要はありません。
たとえ、激しい行動化を伴っていたとしても
本人に病識がありそれを克服したいと考えている人は
もはや境界性人格障害ではないでしょう。(少なくとも峠は越えている。)
AC(アダルトチルドレン)もしくはADHDのACで充分です。

 

◆医師からの誤診もこの障害は非常に多い

精神医療は医師を受診するごとに違った診断名がどんどん増えていく
かなり怪しい業界で、たとえばうつ病の人が境界性人格障害のチェックテスト
を受ければその多くが診断基準に該当する場合も少なくないのです。

なぜ、精神医療で診断名が続々と乱立していくのか皆さんはご存知ですか?

それは、診断名を増やせば増やすほど製薬会社も精神科医も金儲けできるからです。

診断名のすそ野が広ければ広いほど、「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」で患者がある病気に該当する確率が高くなります。そして、患者に多剤処方することで製薬会社と精神科医は私服を肥やすことができるのです。

たとえば、社会不安障害だとか愛着障害などという診断名はつい最近ほとんどねつ造されたものといって過言ではないでしょう。何故、急に表立つようになったのか?この”急に”という点がポイントでそれはメディアを用いた人為的な操作があった根拠になると私は思います。
(愛着障害に関しては厳密にはそうではありませんが、この問題が富に叫ばれるようになったのは、ここ数年の話です。)

このことについては、私のYoutubeチャンネルの再生リストに詳しいです。↓

巨利をむさぼる 精神医療業界 第1章:はじめに – YouTube

◆境界性人格障害だろうがアダルトチルドレンだろうが関係ない

そういった意味合いで診断名は必要以上に重要ではないので
あまり気になされないほうが明白に良いでしょう。
境界性人格障害にせよアダルトチルドレンにせよ
「自分を病人扱い、障害者扱いしないようにする」こともそれを克服するうえで
大切なことなのです。

◆克服のための心構え

自分を必要以上に
患者面、障害者面しないことはこの障害を克服する上でも
重要な心構えなのです。これはコンフォートゾーン(Comfort Zone)という米国の自己啓発本によく出てくる用語と同じで、普段繰り返しどのように自分を扱っているか、周囲の人間から扱われているかによって、コンフォートゾーンが決まってきてしまい、もし、自分自身を境界性人格障害であるだとかアダルトチルドレンであるとなどと、いつもいつも考えているとそれが癖になり、「自分はまともじゃないんだ」という強い想いが無意識下(ことに大脳辺縁系)に強く刻銘されてしまうのです。

病気を治したい、克服したいのであれば、
自分は元気で健康であるですとか、
自分はアダルトチルドレンの状態にあるかもしれないが、これは克服できるものであると自分自身を催眠にかけるように繰り返し繰り返し言い聞かせてください。(これをセルフトークによる自己認識の刷り込み)といいます。

嘘も100回言えば、本当になるというのがこれ、です。ある中東工作を行っていた特殊部隊の隊員はあるミッションで敵兵によって拘束されたのですが、取り調べ時に偽情報(フェイクストーリー)を意図的に繰り返し繰り返し口走りました。

そして、拘束され長い年月が経つと、
その嘘の話をしまいには自分で半ば本当に信じ込んでいたといっています。


◆自分を必要以上に病人視、病人扱いしないことの大切さ

ですから、このような方法を用いて、
自分自身に境界性人格障害であるですとかアダルトチルドレンであるですとか、そのようなネガティブな情報を載せているウェブサイトもYouTube動画も見ないようにしたほうがいいのです。

特に「治らない、不治の病だ」といったネガティブで深刻な情報ばかりを煽り記載しているウェブサイト、書籍、動画などすべてそうです。

逆に、ポジティブなモノだけを見るようにしてください。

また、
これらの障害は脳の栄養代謝障害であるという側面も持っていますから、
私の主張しているような方法のひとつが適切な問題解決法にもなります。

境界性人格障害にしてもアダルトチルドレンにしても
診断名の定義はほとんど無意味であり、そのようなことは気にせずにまずは当ブログに書かれている具体的な脳機能強化法を今すぐに、できる範囲内から、実践してください。

たとえば、有酸素運動などは規則正しく行うことができれば”天然の抗うつ薬”といえるほどの効果がありますから、それだけで問題は解決するとは言いませんが、症状の大幅な改善は即座に見られるでしょう。

(関連情報:)
境界性人格障害に運動はとっても有効!!

詳しくは「脳を鍛えるには運動しかない」という書籍がお勧めです。

Amazon(脳を鍛えるには運動しかない)

 【私のアダルトチルドレンに関するブログ】↓↓↓↓↓↓↓↓↓
https://adalutochiludorenkokuhuku.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html
http://heartfullhospital.com/

(まとめ)

境界性人格障害とアダルトチルドレンの違いは
定義し提唱した組織が違うというだけの話。

(前者は米国精神医学会によりDSM(米国精神医学会診断手引き)によって定義され、
後者はアルコール依存症の親を持つ子供の自助グループによって定義されたもの)


しかしながら、症状を見ればわかるように

「両者はほとんど同じものだ」とみるのが妥当なのが
わかる。 

要するに、診断名を気にする必要はない。

連絡先 masahirooki135◆gmail.com
◆を@に変えてください。

〇 【境界性人格障害の治療/東京】 (←ブログ記事一覧へ戻る)

投稿者: bpdtreatmentblog

どうやれば境界性人格障害を完治できるのか世界最新の治療法を基軸に私経験も交え個人指導を行っています。沖仁宏

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中