自己紹介

◆自己紹介

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160328192352j:plainみなさんこんにちわ。

今現在カリフォルニア州サクラメント(上の写真の街)在住の沖仁宏といいます。
精神医療のブラックジャックを自称しています。

 

(目次)

 

私は境界性人格障害の症状で長年苦しみ、
自殺未遂、自殺思考を数えられないほど繰り返してきました。
海外での凍死自殺の試みの経験もあります。
このときはたまたま地元の人間に救われることで、一命をとりとめました。

 masahirooki1
こんにちわ!精神医療のブラックジャックを自称する沖仁宏です。

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160410114913j:plain
↑古い時代、新宿で講義を行う私

 

 

沖仁宏(1985年熱海市生まれ)

◆私の主な実績

 

■講演 古い時代、新宿、上野で境界性人格障害の克服に関する講義を行う
■個人指導実績
■UCLAの薬理学実験に参加
■世界各国でヒッチハイクを行う

■豪州、メキシコ砂漠横断
■若手起業家としてその手腕を発揮する
■境界性人格障害を日本で一番初めに治せるとその理論を提唱、
  TBSから取材の依頼を受けるまた出版会社からの掲載依頼も有り
■海外にて世界中の今現在入手できる薬をすべて服用、人体実験を行い境界性人格 障害を克服させる薬(Secret Medicines)をとうとう見つけ出す
■書き上げた認知心理学のエッセイが大学の教材として使用される
■座禅、瞑想指導者
■英語とスペイン語、日本語の語学の習得法に長け、その指導を行う

 

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160625211034j:plain
↑オーストラリアをフランス人の友人と縦断していた頃の私の写真(Northern Territory)

◆境界性人格障害の根底には発達障害がある

境界性人格障害ではその根底にADHDという発達障害ある(多くの場合は境界性人格障害は誤診でありADHDで充分であるのですが、私の場合も御多分に漏れず、小さいころから大人になっても物事の計画ができない、衝動性が高い、落ち着きがないなどの典型的な症状を持ち、境界性人格障害の状態に移行してしまいました。


たとえば、学校の教師からは「君は忘れ物名人だ」といわれ、学校においても問題行動を起こしていたので常にブラックリストに登録されていたほどです。

また、青年期初期には二次障害としてADHD、アスペルガー症候群、強迫性障害、吃音症、パニック障害、うつ病などの症状※を発症しましたが、私の場合では運動の習慣をつけただけでこれらの症状はほとんど消えました。(ただし、薬物療法を行うまでは生まれついての気質的傾向は残った。※このことは当ブログよくある質問の項や私の他のブログをご参照ください。)

境界性人格障害の治療よくある質問

しかしながら、今はこれらの問題を克服し現在海外で元気に暮らしています。
私の言う克服というのは単に境界性人格障害の症状を消滅させるというものではなく、先天的な気質的傾向までも変容させるという次元の話です。)

私は過去に精神医療最後の砦(The Last Hope)だとか精神医療のブラックジャックだとか言われたり、そう自称してきたのですが、今回ここで情報提供することにしました。

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160328192529j:plain

◆私は精神医療のすべての薬を服用しました 

私は海外で精神医療で処方されているすべての薬を服用し、自分の体を持って何が境界性人格障害を克服し完治させるうえで重要なものであるかを精査し、とうとう本当に効果が高く境界性人格障害の問題を根本的に解決させる薬(Secret Medicine)の組み合わせを発見しました。

 

 

それらの薬はSecret Medicineといっていいほど、今の日本の精神医療でもまた海外のそれにおいても注目されていないものです。
しかも、天然の物質がほとんどです。
(化学化合物を一切飲まなくて済む確率はかなり高く、今の私はある特定のサプリメントしか飲んでいません。)

◆境界性人格障害を根本から治すには薬は必須

これらの薬を服用することでまず、
境界性人格障害の症状はたとえそれがどんなに重いものであっても
まず克服できてしまうでしょう。

そして、これに脳の認知機能を強化する有酸素運動を並行させることで相乗の効果を生み、鬼に金棒の状態になります。

◆繰り返しますが

境界性人格障害では遺伝的な要因(ADHD)がその根底にある場合がほとんどなので、有酸素運動だけをするよりも正しい薬を服用することでその症状を根本から除去することが可能です。また、運動を併用すると副作用があまり出なくなります。
(もっとも、運動には以下のような効果があるので例を挙げて説明する。
北京五輪で金メダルを七種目で取得した水泳選手マイケルフェルプスは、幼年期より医師からADHDを診断され、リタリンの処方を受けていたのですが、運動をはじめてから症状が大幅に改善し、服薬をやめたほどです。)

そして、一度克服してしまえば再度リバウンドするということもないのです。
(しようがない)

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160328192808j:plain

◆信じることの大切さ

常識に外れたことを言っているので
私の話を信じられない人が多いというのは推定できる話でそのことはよく理解しておりますが、
私の方法で境界性人格障害の問題はまず終わることでしょう。

「そんな馬鹿な!」と思う人もいるかもしれませんが、
そのような最適化された、そのようなより完全無欠な方法論になります。なんとしてでも腹の底からこの障害を克服したい方は私の個人指導をお申し込みされると良いかと思います。

また、すべての人に平等にこのブログにおいて、海外の最新の情報も発信しておりますので、よろしければ参考にしてみてください。
(冒頭でも述べたように、私の基本的スタンスとしてブログ記事の増産は行っていきませんが、書き上げたブログ記事を定期的に何度も何度も更新しアップデートしていく所存です。)

◆症状の重い人ほど救われるべき

 

私は症状の重い重症の人ほど救われてほしいと思っています。
人生は苦しむためにあるのではないからです。

 

そして、苦しんできた人ほど天才に近く大物だと考えるからです。
それは本物の人生を歩んでいることに由来します。

そんな人を迅速に人生の苦しみから
光り輝く平和で幸せな世界へと誘(いざな)う一つのきっかけに私自身自らがなりたいです。

そして、なにより境界性人格障害を治すのに必要な方法
(薬(組み合わせ))は既に存在しています

■めんどくさいことが嫌いな人、
■ヤブ医者の御託(ごたく)や治せない言い訳や詭弁は聞き飽きたという人、
支離滅裂な精神医学、心理学は見飽きた人、

臨床心理士や心理カウンセラーにぼったくられ続けるのに嫌気がさした人、

などは、
私に個人指導を依頼するという選択肢もあります。

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160328192959j:plain

また、私のYoutubeチャンネルが「精神医療のブラックジャック」という
名称でありますから、さらに掘り下げて境界性人格障害のような心の病気の
発症のメカニズムを知りたい方はぜひご視聴ください。

(私のYouTubeチャンネル:)
https://www.youtube.com/channel/UC70qxAsT2kYYMyODEXXruJg

なお、他にも多数ブログが存在しているので、さらに掘り下げて私の治療理念を理解したい方はGoogleやYahooの検索で「沖仁宏」もしくは「精神医療のブラックジャック」で検索をかけてみてください。

◆私が一番伝えたい事

私が一番みなさんにお伝えたいしたいことは、
「脳の機能が心を生んでいる」
つまり、
心とは脳の機能の現象であるということです。

prism
↑脳とはプリズムのようなもの。
ネガティブな脳を先天的に持っている人は生まれながらに不幸が約束されている。

そのような人が心理カウンセリングや精神療法などを受けても気休めにしかならず、根本的な問題解決にはならないのは理にかなった誰にでもわかる話だと思います。

そして、私の提唱しているような直接脳の機能に介入していく方法をとることが唯一、有効であります。

認知症の老人あるいは若年性認知症の患者を心理カウンセリングで治せますか?
精神療法で治せるのでしょうか?

 

100%不可能です。

 

認知症もICD(国際疾病分類)の精神障害の項において定義された立派な精神障害の一種です。
境界性人格障害に関しては精神障害であっても認知症に比べればまだましで、
不可逆的ではないので、一度発症してしまっても治せるものであります。
しかしながら、精神障害の範疇で考えれば、認知症と同じようにBPDの人の脳にも
機能不全が存在しています。

したがって、

「境界性人格障害を治していくには、直接脳の機能に介入していく方法を取らないといけない」のです。
このような方法論を取っていかない限り、境界性人格障害は未来永劫治りません。当たり前の話で、文字通り、脳の機能が心、性格を生んでいるからであります。

実は、境界性人格障害とは性格や心の問題などでは一切なく、脳の機能障害に過ぎないのです。

連絡先 沖仁宏
masahirooki135◆gmail.com
(◆を@にしてください。)

敬具

【境界性人格障害の治療/東京】 (←トップへ戻る) 

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160331111649j:plain

広告

投稿者: bpdtreatmentblog

どうやれば境界性人格障害を完治できるのか世界最新の治療法を基軸に私経験も交え個人指導を行っています。沖仁宏

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中