ある境界性人格障害の息子さんの場合

◆ある境界性人格障害の息子さんの場合

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160326175041j:plain
以前私が受け持ったクライアントの方の息子さんは15歳の時に境界性人格障害であると病院で診断されましたが、この息子さん暴力をご家族に振るうといった状態でこのままでは家庭崩壊しかねないと見積もったお父様が私のところに相談に来られました。

(この子の父親はもともと有名企業の会長でした。)

(目次)

 ◆自分で自分の感情がコントロールできることを生まれて初めて知った

そこで私の指導した治療法を日々の生活の中で着実に実行していただけるように指導したわけですが、それからは家庭内暴力がやみ、本人も自分の感情がコントロールできる事実に生まれて初めて気が付いたと感動されていました。

特に効いたのはやはり、
薬物療法です。

それから、家業を手伝うようにもなったし、
素直で良い子になってしまったのです。

◆子どもは自己表現(自分の気持ちを言葉で伝えること)がうまくないことを組み取る必要がある

子供などはそんなもので子供が暴力をふるうのはこの境界性人格障害の問題に限らず、自分の辛さを言語という形で表現することができず、そうであるから、暴力としてそれを表現しそのつらさを伝えようとしているというわけです。

(※だからといって、ここで私は
あまりにも暴力が酷くても、
それに耐えろといっているわけではないので
注意してください。

中には、
カウンセラーに耐えろといわれた父親
その話を真に受けて、
息子に殺されてしまったケースも存在しますから、
そのような場合はしかるべき機関(警察、医師)に
早急に相談する必要があります。)

しかしながら、ここでは話を戻しますが
その息子さんを責めるのではなく建設的な解決策を模索し私のところにたどり着いたお父様は正解で、彼は息子さんの気持ちの理解があったのです。

f:id:kyoukaiseijinnkakusyougaikokuhuk:20160327131621j:plain

このように、このようなの場合暴力のような物理的な行為の奥に存在する意味を組み取ることがとても大切です。

言葉で気持ちを伝えることが
不得手だから暴力によってそれを表現しているのです。

◆息子さんが境界性人格障害の症状を持っている場合は、必要な薬を服用させることが最重要

いずれにせよこのような症状、異常、もまずは良い薬を飲み運動を習慣化していけばなくなっていきます。
たとえば境界性人格障害の状態にある息子さんのケスにおいて、運動をいきなり薦めても本人は動かないでしょうから、まずすべきことは私が推薦している正しい薬を最高の組み合わせで服用することです。

本当に効く薬を飲めば、衝動コントロールの問題は消えますし、自分の気持ちや考えを言語化する作業も得意になっていきますから、まず第一義にすべきことは正しい薬を服用することです。

それにより息子さんの暴力行動、暴言は減っていき、より早急になくなっていくことでしょう。

それらの正しい薬、サプリメントを知りたい、
個人指導を受けたいという方はこのブログを
よく熟読の上、下記の宛先までご連絡ください。(※専門の指導は有料になります。)

連絡先 masahirooki135◆gmail.com

◆を@に変えてください。

敬具

広告